キャンディーズ「やさしい悪魔」 吉田拓郎の代表曲にも。

1977年、 CBSソニーから
シングルレコード
キャンディーズ「やさしい悪魔」が発売された。

作詞:喜多條忠・作曲:吉田拓郎


こんにちは
健康オタクの あんこう です。

今回は、
吉田拓郎・四畳半喜多條忠コンビの
キャンディーズの代表曲
「やさしい悪魔」です。

(昭和52年(1977)発売)

キャンディーズ「やさしい悪魔」 吉田拓郎の代表曲にも。

四畳半フォークの作詞者 喜多條忠と
フォークのスーパースター吉田拓郎の
作詞作曲で作られた

キャンディーズの「やさしい悪魔」

ラン、スー、ミキの三人で歌って踊る曲いいですね。

衣装も、きれいな脚を出してチョッピリお色気路線。

肌を露出するってのはいいもんだよ。

オジンにとって。

いや、当時は若者。

ピンクレディが出てきたから
キャンディーズも負けちゃいられないですわね。

なかでも私が応援したのはランちゃん。

きれいでかわいいもんね。

スタイルもいいし。

若者のときの感想ですよ。

当時は車での移動時間が長かったので
ラジオでしょっちゅう聞いていた。

社会人になっていたが
テレビは持っていなかった。

持っていなくても
結構見たということは売れていたということですね。

どこかお店に入ったらテレビで
キャンディーズが映っていましたね。

この曲から振付が激しくなったみたい。

リズムが軽快になって、乗る曲です。

70年代初めに流行ったゴーゴー。

これでいけます。

体が動いちゃう。


そういえば
このころ、学生時代を思い出して
ディスコへ行った思い出がある。

私は
モンキー、ゴーゴーしか踊れなくて
それを前列で踊っていたのを思い出す。

みなさんは
ステップを踏んできれいにおどっていた。

バンドのお兄さん、お姉さんに笑われていたっけ。

そんなこともあったなぁ。


キャンディーズ「やさしい悪魔」は
リズムもいいし
三人のハーモニーがぴったり。

曲の一番と二番の間に入る

Yeah Yeah Good darling Doo doo

いいですね。

めちゃくちゃかっこいいです。

これで売れなかったらおかしい。


拓郎はキャンディーズのファン
だったらしくて

レコーディングのとき
ギター持参でスタジオに入り
三人の歌唱指導をしたり、

自らも音作りに参加したそうだ。

曲を聴いてても楽しい感じが伝わりますね。

まとめ

キャンディーズの「やさしい悪魔」
この歌、吉田拓郎が作曲したとは思わなかった。

拓郎と言えば私の青春時代は

今日までそして明日から
イメージの詩
マーク2
今日までそして明日から
人間なんて
結婚しようよ
旅の宿
祭りのあと
伽草子
落陽

など
硬軟合わせても
「やさしい悪魔」のようなノリノリの曲はない。

キャンディーズだけでなく
吉田拓郎の代表曲と言っても言い過ぎでないと思います。

あわせて読みたいおススメ記事

【キャンディーズとピンク・レディーどっちが色気ある?】
ピンク・レディー「ペッパー警部」 色っぽい・・

【アぁー このけだるさはなーんだーあー♪】
「たどりついたらいつも雨ふり」ザ・モップスのロックは不滅だ

【大原麗子似のママさんは?】
梓みちよ「メランコリー」 吉田拓郎作 昭和の歌謡曲

【あこがれの都 東京】
マイペース「東京」の不思議な魅力

【胸キュン】
Buzz「ケンとメリー愛と風のように」の魅力

【人生、はいつくばっていいんです。】
井上陽水「夢の中へ」 はいつくばって・・

ご意見のある方はメールくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました