「空よ」 トワ・エ・モワ 本当に不仲?

1970年、
東芝音楽工業から
トワ・エ・モワ
「空よ」
が発売された。

作詞・作曲:難波寛臣
編曲:小谷充


こんにちは
健康オタクの あんこう です。

今回は、
トワ・エ・モワ
「空よ」
です。

昭和45年(1970)

トワ・エ・モア
不仲は本当なんでしょうか。

幼い頃の初恋の詞が心に沁みるね。

トワ・エ・モワの二人は歌わせたら相性抜群。不仲説は?

トワ・エ・モワの「空よ」は
NHKあなたのメロディーで
視聴者から募集した歌だ。

この曲を白鳥英美子(旧姓山室)の
透き通るような声と
芥川澄夫のホワッとした優しい声で歌い上げる。

二人の声が重なったら
素晴らしいハーモニーになった。

二人の仲がどうのこうのと言う
噂もあるが声に限っては相性抜群だ。

「或る日突然」では
二人が和音になる部分がなく
同じ音(ユニゾン)での歌い方だ。

だが二人が歌っているときは
綺麗に響いている。

ちょっとおかしな表現だが
ハモっているようにさえ聞こえる。

二人の声が本当に合っているんだろう。

二人とも
丁寧に歌っているのが分かるが
これも一因でしょうか。

不仲説ですが、
これだけ二人
息を合わせて丁寧に歌っているし
再結成後も二人で続けているんだから
不仲説は噂ですね。

う・わ・さ。

トワエモワの「空よ」の詞から見える情景

トワ・エ・モアの「空よ」は
「或る日突然」と同じで
情景が見えるストーリーのある詞でできている。

私なりの情景を描いてみます。

雲が浮かぶ晴れた空を見つめていた。

そんな時、自分の幼い日も
「こんな綺麗な空だったよな」

とあの時の光景を思い出す。

幼かった二人の故郷、野山で

「蝶々を捕まえたりしたよなぁ」

「二人で綺麗な花を見たよなぁ」

「四葉のクローバーを探したっけ」
「花輪で冠を作ってあげてさぁ」
「あのニッコリ微笑んだ顔が
 忘れられないなぁ」

「かわいかったなぁ、あの子」

あの時、互いに芽生えた小さな愛。

「あの子は今どこにいるんだろう」

これが初恋というものだったんだろうか。

「ずっと一緒にいようね」

二人で固く手を握って歩いた帰り道。

「忘れられないよ」

「あの子は今、どこにいるんだろう」

「教えて欲しいんだ。どこにいるの?」

「会いたい」

こんな情景を思い浮かべながら
YouTube:トワ・エ・モア「空よ」
を聞いてみてください。

エピローグ

幼いころの初恋ってあるんですね。

私のガキだったころは
住んでいた公営団地の裏山で
野草を食べたり
蛇を捕まえたり
近くのガキたちと遊び廻っていました。

子供の頃は
結構
自然に親しんでいました。

残念ながら私の初恋はなかったけれど。

あわせて読みたいおススメ記事

【ある日突然、恋の予感が洒落たメロディーに乗ってやってきた。】
トワ・エ・モワ「或る日突然」は歌詞から情景が見える

【—青春応援歌—】
「風」はしだのりひことシューベルツ 北山修作詞 第一弾

【赤とんぼの歌を歌った空は・・】
「あの素晴しい愛をもう一度」 加藤和彦と北山修 ヒットは当然

【秘話:端田宣彦と北山修どうしてこうなった?】
「花嫁」はしだのりひことクライマックス 駆け落ちの歌【秘話】

【失恋したときはこの歌】
「今はもうだれも」ウッディー・ウーがやっぱりいい。

【明日の世界をさがしに行こう】
なにっ!五つの赤い風船「遠い世界に」を国歌に?

ご意見のある方はメールくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました