クレヨンしんちゃんにも使われた「白い色は恋人の色」 ベッツィ&クリス 現在は?

ベッツィ&クリス「白い色は恋人の色」

1969年、
日本コロムビアから
ベッツィ&クリス
「白い色は恋人の色」
が発売された。

作詞:北山修
作曲:加藤和彦
編曲:若月明人


こんにちは
健康オタクの あんこう です。

今回は、
ベッツィ&クリス
「白い色は恋人の色」
です。

昭和44年(1969)

現在はどうしているんでしょうね。

ベッツィとクリスがやって来た理由

綺麗に透き通ったハーモニーの
ベッツィ&クリス
「白い色は恋人の色」

この曲は若い人だと
映画クレヨンしんちゃんの
劇中歌で良く知っていると思う。

小父さんたちには青春の歌ですね。


二人はアメリカ国籍で
当時、ベッツィはハワイ州在住
クリスはアイダホ州在住だった。

この二人が日本にやってきたのは
こんな理由があった。

当時、ハワイのハイスクールの学生が
日本でチャリティーのショーを
するために何回か日本に来ていた。

フラダンスやその原型である
タヒチアンダンスを踊ったり
日本やアメリカ、ハワイの歌を
演奏していた。

ベッツィとクリスは
ショーの合間の衣装替えなどの
休憩時間に、観客を飽きさせないよう
ステージで歌を歌っていた。

サイモンとガーファンクルや
ピーター・ポール&マリーなどの
曲を歌っていたという。

道理で二人の息がぴったり合っている。

クリスはギターがうまい。

スリーフィンガーで
ギターを一度も見ないで歌っている。

当時の日本で
スリーフィンガーを弾けるシンガーは
小室等や高田渡、加藤和彦などくらいだ。

それを15歳の女子が
悠々とギターを演奏しながら歌を歌っている。

ピーター・ポール&マリーを演奏して
いたというんだから
スリーフィンガーはお手の物なのかもしれない。

フォークソングの母国、
そしてアメリカ人は凄い。

YouTube:
ベッツィ&クリス
「白い色は恋人の色」のライブ版を
視聴してみてください。

ベッツィ&クリス「 白い色は恋人の色」

それにしても本当に綺麗なハーモニーですね。

二人の声質の相性がいいのがわかる。

二人とも澄んだ声、ピュアな声です。

ベッツィ&クリスは現在どうしている?

ベッツィ&クリスは
15歳でデビューし21歳まで活動していた。

解散後、
クリスはホノルルの私立学校に勤務し
音楽の先生をしている。

ベッツィは結婚をして、その後、
娘、息子と歌手活動をしている。

娘エマと
ベッツィ&エマというユニットを組み
歌っているのを動画で見た。

娘はベッツィと似て美しい声を持っている。

ベッツィ&クリスばりの
デュエットを聞かせてもらった。

フラダンスをやりながら歌うのもいい。

娘エマに
「二人で曲を作ってみようか」

と曲作りもしているという。

また
息子はどんな楽器も弾きこなす程の
才能があるという。

ベッツィとクリスは
解散後も交流があり、
二人で慈善団体に寄付をしている。

YouTube:
ベッツィ&エマ
「白い色は恋人の色」のライブ版を
視聴してみてください。

ベッツィ&エマ 「白い色は恋人の色」

北山修・加藤和彦 「白い色は恋人の色」でヒットメーカーに

フォークル解散後、
加藤和彦と北山修が
コンビを組んで初めて作った曲が
「白い色は恋人の色」です。

それが80万枚のヒット作になった。

運もあったのかもしれないが
やはり二人の才能ですね。

もう二人の新作が聞けないのが残念です。

あわせて読みたいおススメ記事

【赤とんぼの歌を歌った空は・・】
「あの素晴しい愛をもう一度」 加藤和彦と北山修 ヒットは当然

【幼い頃の初恋。あの子は?】
「空よ」 トワ・エ・モワ 本当に不仲?

【ある日突然、恋の予感が洒落たメロディーに乗ってやってきた。】
トワ・エ・モワ「或る日突然」は歌詞から情景が見える

【—青春応援歌—】
「風」はしだのりひことシューベルツ 北山修作詞 第一弾

【秘話:端田宣彦と北山修どうしてこうなった?】
「花嫁」はしだのりひことクライマックス 駆け落ちの歌【秘話】

【失恋したときはこの歌】
「今はもうだれも」ウッディー・ウーがやっぱりいい。

ご意見のある方はメールくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました