1971年(昭和46)

高田渡の「生活の柄」はアルバム「ごあいさつ」がいい。若者に歌われる理由がここにある

こんにちは、 健康オタクの あんこう です。 今回は私にとって思い出深い 高田渡の名曲「生活の柄」です。 最近、若い人にも歌われていると聞き どうしてだろう?と疑問が出てきた。 そこで 歌われる魅力を解明していこうと思い振り返ってみた。 若い人に歌われる理由がみえてきます。
タイトルとURLをコピーしました