1972年(昭和47)

よしだたくろう「旅の宿」 吉田拓郎がやりたかった音楽とは

こんにちは 健康オタクの あんこう です。 今回は、 フォークソング界のスーパースター よしだたくろう(吉田拓郎)の 大ヒット作「旅の宿」です。 フォークの吉田拓郎が 本当はやりたかった音楽とは、 を探っていきます。
1972年(昭和47)

よしだたくろう(吉田拓郎)「結婚しようよ」が果たした役割

こんにちは 健康オタクの あんこう です。 今回は、 混沌としたフォークの時代を一気に抜け出して、 スーパースターになった、吉田拓郎の「結婚しようよ」です。
1970年(昭和45)

加藤登紀子「知床旅情」 知床の隠れた見どころとは

こんにちは 健康オタクの あんこう です。 今回は、 東大卒の加藤登紀子が歌った 「知床旅情」です。 知床の隠れた見どころってなんだろう。
1970年(昭和45)

五つの赤い風船「これがボクらの道なのか」 脱出できたのは誰だったろうか。

こんにちは 健康オタクの あんこう です。 今回は、 アンダーグラウンドの大御所 五つの赤い風船の 名曲「これがボクらの道なのか」です。 アルバム『巫OLK脱出計画』に収録。 どこから脱出するのか 読んでからのお楽しみ。
1972年(昭和47)

加川良 「下宿屋」が封印?真相は?

こんにちは 健康オタクの あんこう です。 今回は、 かたくなに アンダーグラウンドの世界に こだわった加川良の名曲「下宿屋」です。 本当に封印されていたのか? 解き明かしてみます。
1976年(昭和51)

北島三郎「歩」 歩になりきることの大切さ 「どうにかなるさ」から「歩」へ

こんにちは 健康オタクの あんこう です。 今回は、北島三郎、サブちゃんの「歩」です。 なぜ、サブちゃんの「歩」なのか。 以前の記事に 就職した会社の忘年会で 「どうにかなるさ」を歌ったら社長に叱られた。 と書きましたが、その続編です。お楽しみに。
1969年(昭和44)

高田渡「自衛隊に入ろう」は究極の逆説歌

こんにちは 健康オタクの あんこう です。 今回は、高田渡の「自衛隊に入ろう」です。 この歌で、 自衛隊員がどれだけ増えるか確かめましょうよ。
1970年(昭和45)

かまやつひろし「どうにかなるさ」 玉置浩二との共演に見る人生戦略

こんにちは 健康オタクの あんこう です。 今回は、かまやつひろしソロ活動後、 初の曲「どうにかなるさ」です。 かまやつひろし の したたかな人生戦略もお読みください。
1971年(昭和46)

加川良 「教訓1」 最高のインパクトだった。杏に?なぜ歌われている?

こんにちは 健康オタクの あんこう です。 今回は、かたくなに アンダーグラウンドの世界に こだわった加川良、彼の歌「教訓Ⅰ」です。 杏がなぜ歌っているんだ?
1968年(昭和43)

フォークル 「イムジン河」 なぜ放送禁止に? フォークルは永遠に不滅です

こんにちは 健康オタクの あんこう です。 昭和43年(1968) に発売予定だった ザ・フォーク・クルセダーズの 幻の2枚目のシングル「イムジン河」。 なぜ発売中止になったのか。 なぜ放送禁止になったのか。 その真相を探っていきます。
タイトルとURLをコピーしました