1975年(昭和50)

1975年(昭和50)

風「22才の別れ」の登場人物がなぜか「なごり雪」に似ている。

男は まだ大人への成長が始まっていない。 優しさはあるが 精神的にも経済的にも不安定な時期。 女性にとって、 将来を考えたら、 その男について行けるような 状況だろうか。
1975年(昭和50)

イルカ「なごり雪」は男の失恋の歌

別れがつらいカップル。 そこは東京駅。 別れに呼応するように雪が降っている。 別れを惜しむように降る雪、 これがなごり雪か。 単純な別れの曲ではない。
1975年(昭和50)

バンバン「『イチゴ白書』をもう一度」の歌詞、就職の髪を切るのはいつ?

今回は、 1975年(昭和50)にヒットした バンバン 「『イチゴ白書』をもう一度」 です。 普通、就活生は 面接試験の前に髪を切ります。 これが一般的ですね。 ではどうして 「『イチゴ白書』をもう一度」の 歌詞では 就職が決まった時に 切ったんでしょう。
1975年(昭和50)

さだまさし グレープの「朝刊」が放送禁止歌だった。

こんにちは 健康オタクの あんこう です。 今回は、 グレープ 「朝刊」 です。 放送禁止歌だったんだって、 知らなかった。
1975年(昭和50)

この歌詞が人生応援歌 中島みゆき「時代」は世界歌謡祭、つま恋 グランプリ曲だ。

こんにちは 健康オタクの あんこう です。 今回は、 中島みゆき 「時代」 です。 人生応援歌「時代」からは いろいろな教訓を得られますね。
1975年(昭和50)

シグナル「20歳のめぐり逢い」とのめぐりあいは●●●●屋だった

こんにちは 健康オタクの あんこう です。 今回は、 シグナルのデビューシングル 「20歳のめぐり逢い」です。 「二十歳のめぐり逢い」と どんなめぐり逢いをしたんでしょうか。
タイトルとURLをコピーしました